Grizabella

セレンディピティを求めて

今、人生でいちばん寂しいかもしれない。

最近、よく感じること。

 

私は、一般的な人と比べて、人生において、「ひとりで過ごした時間」の累計は、かなり長いだろう。

 

私は、これまで「寂しい」と感じることが、少なかった。

もちろん、友達となかなか会えなくて「寂しい」と感じたり、

交友関係の広い人と比べて「自分は寂しい人間だ」と思ったり、

特定の存在ありきの「寂しさ」を覚えたことはあった。

 

でも、世間一般でいう、「無性に寂しい」という感覚は分からなかった。

自分にも、こんな感情あったんだという驚き。

「寂しい」という感情は、全人類にプリインストールされていて、私はたまたま、これまで、触れる機会が極端に少なかったのだろう。

 

交友関係が広がって、「普通」の人たちの生活を垣間見るようになった。

自分の半生や現状との違いを、単に「違い」と受け止められるほどの、自己肯定感の高さが、私にはない。

 

今、人生でいちばん寂しいかもしれない。