読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Grizabella

セレンディピティを求めて

wonderwallを待ちわびて

日記

新生活が始まって3ヶ月

そしてブログを始めて、4ヶ月と少し。

 

何度かブログをやったことがあることは、以前にも書いたが、

ブログを始める時は、いつも苦しい。どん底だ。

廃人になれれば楽なのに。状況が許さない。壊れることすらできない。

とにかく何かしたくて、直接的な形じゃなくても吐き出したくて、ブログを始める。

 

リアルが充実している時の方が書くことがありそうなのに、そうじゃない。

更新頻度が落ちて、でも完全には停止しない状態が続く。

そして、またどん底に落ちたら、そのブログは御役御免。消えるのだ。私と一緒に。

 

必死に駆け抜けてきた。

始まったばかりの頃は、ただただ走っていた。

新しいことが新しいうちは。

そうでなくなると、ひたむきさだけではもたなくなる。

ごまかせないのだ。他人も自分も。心も体も。

 

いつか、心からほっとする日が来るのだろうか?

家庭を持てば、安心できるのだろうか?

歳を取れば、落ち着くのだろうか?

 

wonderwallはまだ遠い。

 

wonderwallはまだ遠い。

 

And all the roads we have to walk are winding

And all the lights that lead us there are blinding

There are many things that I would

Like to say to you

But I don't know how

 

Because maybe

You're gonna be the one that saves me?

And after all

You're my wonderwall

 

俺達がこれから共に歩く茨の道は

どこまでも終わりがなく

俺達を導くべき光明にさえ目がくらむような場所

いくら語っても語り尽くせないほど

お前に話しておきたいことがあるんだ

どう切り出せばいいのか解らないけど

 

でも(だって)(だから)(こう言った)多分

お前こそが俺の救世主になってくれるんじゃないか?って

だって(そして)結局は

お前こそが彷徨う俺の終着点なんだから、と

 

――Wonderwall(oasis)より

 

Time Flies, 1994-2009

Time Flies, 1994-2009

 

 

広告を非表示にする