読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Grizabella

セレンディピティを求めて

行ってみたい、生きてみたい時代

私には、行ってみたい時代がある。

もしタイムマシンや超能力で過去へ行けるようになったら……そう夢見ている。

行ってみたい。できれば、生きてみたい。

 

その時代は……

ヴィクトリア朝時代のイギリス

 

細かく言うと、1900年前後。ヴィクトリア朝後期からエドワード朝

伝統と革新の時代。

産業革命。時は、大英帝国絶頂期。

 

ヴィクトリア朝への憧れ

シャーロック・ホームズ

きっかけは、映画「シャーロック・ホームズガイ・リッチー監督)」だった。

原作を小学生の時に読んだことがあり、ある程度は知っていたので、懐かしく思いこの映画を観た。そしてハマった。

原作を再読したり、解説本を読んだりするうちに、舞台となった時代にも興味を抱くようになった。

 

②エマ

エマ (1) (ビームコミックス)

エマ (1) (ビームコミックス)

 

 

身分を越えたドラマチックなラブストーリーと、巧みな心理描写キャラクターの一挙手一投足にも情感が宿っているようだった。

私は恋愛モノをほとんど読まないのだけれど、この作品は展開が楽しみだったし、主役の二人には幸せになってほしいと心から願った。

 

「エマ」は、副読本も素晴らしい。

 

当時の文化生活について、知ることができる。

この本のおかげで、ダウントン・アビー(海外ドラマ。ヴィクトリア朝より後の時代だが、貴族と使用人の物語なので参考になった)をより深く楽しめたと思う。

 

不思議なこと

私は、子供の頃から、何故か西洋の古い建築や車、服(特に男物)に惹かれた。

それまで、漠然と「ヨーロッパの古いものが好き」と捉えていたのだが、上記の二作品をきっかけに、「この時代が好きなんだな」と気付いた。

 

不思議なのは、何故こんなにも惹かれるのか、その心当たりが全くないこと。

周囲から影響を受けたわけでもないのに。建築も車も服も、詳しくないし。

 

強く惹かれる国や時代は、前世と関係があるらしい。偶然にも、このスレの1もイギリス好き。

occult-2ch.net

 

もしかしたら、私の前世はヴィクトリア朝時代に生きた男性なのかもしれない。

そう想像しては、胸を躍らせている。

 

今週のお題「行ってみたい時代」

広告を非表示にする