読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Grizabella

セレンディピティを求めて

syrup中毒

はじめてsyrup16gのライブに行った。

 

darc

 

数年前、願いごと手帖にsyrup16g再結成」「syrup16gのライブに行く」と書いた。

本当に叶ってしまったよ。

こんなにうまく行って良いのかと不安になる。

 

再結成したのは知っていたけど、これまではライブに行けるような精神状態じゃなかった。情報も全然チェックできてなくて、知ったのは数日前、なんてこともあったし。

今回は、「行こう」「行きたい」って思えた。

何かに興味を持って、自分で計画して、実行できるなんて。

ネットでは、がっちゃんの体調を心配したり、回復を喜んだりする投稿をよく見かけるし、私も気にかかっていたが、自分の体調も変化していたことに、今更ながら気付いた。

 

お得情報?書いておきます。

Zeppのドリンクは、ペットボトルを選ぶと、ホルダー貰える。ネックストラップは無くて、カラビナが付いてる。自分は、すぐ首痛くなるから、下げるのは無理だな。荷物に付けても、重心が偏ると痛むし。というわけで、記念に取っておく用。

 

それから、ニコニコは、タイムシフト予約時に一般会員でも、後からプレミアム会員になれば、プレミアム会員限定の部分も観られる。

自分は、プレミアム限定(アンコール)は、会場で観られるからいいやって、一般会員のまま予約して、タイムシフト再生時もそのまま。でも、やっぱり、アンコールももう一度観たくなって、プレミアム入ったんだけど、無事観られた。画質も良いし、入って良かった。多分、タイムシフト予約してないとダメなんだろうけど。

前、シロップがニコ生やった時も、プレミアム入ってたなと懐かしくなった。その時は、アニメの一挙放送を後から観たくて入ってたんだけど、シロップの放送でプレミアム限定あると知った時は、「入ってて良かった」と思った。

 

新譜を聴き込んで、ネットでシロップZeppの情報集めて、臨んだツアーファイナル。

バンドのライブははじめてだし、ライブハウスにもまだ慣れてない。

でも、そんなことどうでもよかった。

 

シロップは辛かった時期に、最も身近な存在だった。

本を読む気力もなくて、 テレビやネットは嫌な情報を目にすることもあるから、あまり観られなくて、そんな時、何も考えずに、ただ聴いていられる音楽、特にsyrup16gの音楽は、ありがたかった。聴き終える頃には、気分も回復していたし。人間って単純なもので、気分が落ち込んでしまっても、時間が経てばなんとかなる。それまでの時間を埋めてくれる存在。2ちゃんねるSyrup16g 聞いて生きながらえよう」ってスレがあるけど、まさにそんな感じ。

巷に溢れる「ポジティブこそ正義」「仲間と愛と希望と」といった音楽と違い、かといって暗いだけではない、ひっそりと寄り添ってくれる音楽に救われた。

CDやチケットを買って、ライブに来たから、恩返しできたんだろうか? それとも、すばらしいライブをしてくれるのだから、また「借り」ができてしまったんだろうか? そんな変なことを考えていた。

 

がっちゃんマキリンは想像通り。

がっちゃんは、歌声も話し方もそのまま。元々彼のファルセット好きなんだけど、生で聴いてもっと好きになった。黒髪サラサラ。あと、タオルで頭拭く時激しいw

マキリンもスーパークールベーシスト。がっちゃんたいこがノリノリの中、冷静に俯瞰しているような感じで、なくてはならない人だと思う。

たいこは意外だった。ライブで一番動きが激しいというのは知っていたのだけれど、実際に見ると、迫力が違う。明るく長い髪がフワフワと揺れて幻想的だったし、たまに白っぽく見えて神々しかった。激しい動きや雄たけびと、コーラスの美声のギャップがたまらない。特に「Deathparade」がっちゃんとのファルセットの掛け合いが素晴らしい。激しいドラム、最初のMC、コーラス、煽りをこなして、最後に客席に手を振ってくれた。ムードメーカー。

「我が道を行く」ながっちゃんと、情熱の塊のようなたいこと、クールなマキリン。全然違うタイプだけど、だからこそ、絶妙なバランスでsyrup16gを作り上げているのだと思う。

 

最初は照れもあって、なかなかノれなかったのだけれど、途中からトランス状態になってたw

首振ってるというより、軽いヘドバンみたいになってた。

人前で発狂あんなにノリノリになったのは、はじめて。

さっき書いたように、ペットボトルだったので、ノンアルコール。

序盤は、彼らを見なきゃ、曲を聴かなきゃという気持ちが強かったんだけど、しだいに音の中へ。ライブハウスだったのも大きいかも。「自分」と外界の境界が薄らいだ。

 

で、これだけテンション上がれば、下がる時の反動もすごいわけで。

自分が、元からテンションの落差激しいのもあるけど。

↓がライブ翌日に書いたもの。

 

昨日syrup16gのツアーファイナル行って、1日経って、ものすごい燃え尽き感。

彼らのことを「ズルい」とさえ思う。

来年も同じ時期にツアーやるとしたら、終えたばかりの今は、一番遠い日。

しかも、去年と今年のツアー、1年半空いてるし。間に対バンやってるけど。

 

彼らのいない毎日、つまり今日以降、生きている意味ってあるのかな。

でも、彼らと、名も知らない仲間たちと、同じ時を過ごしたいから、生きている。

 

syrupロス? 「syrupが足りない。」ってタイトルでブログに上げようと思ってたけど、あまりに暗いのでやめた。

 

今は、回復して、タイムシフト観てる。

このツアーのDVD出して! なるべく早く!!

 

来年もアルバム出して、ツアーやってください。「年刊 俺」なんでしょ。

でも、無理はしないでください。

 

長くなっちゃったな。もしかして最長更新?

syrup16gの記事書きたい」「彼らへの想いを言葉にしたい」って思ってたから、また夢が叶ったな。

 

君に言いたい事はあるか

そしてその根拠は何だ

涙ながしてりゃ悲しいか

心なんて一生不安さ

――「生活」syrup16g

 

 

お題「好きなバンド」

広告を非表示にする