Grizabella

セレンディピティを求めて

インプット期

以前紹介した本に、脳のアプローチのしかたは毎日変わる」と、あった。

 

grihal.hatenablog.com

 

この部分を読んだ時、長年の謎が解けてスッキリした。

 

 私には、どうやら「アウトプット期」「インプット期」があるようだ。

そして、インプット期に入ったらしい。

 

アウトプット期(先日までの私)は、ブログを定期的に更新していた。

気になるニュースがあれば、「ブログで取り上げようかな」と思ったし、

面白い本があれば、読みながら、どう書くかを考えることもあった。

とにかく、「書きたい」という気持ちが強かった。

 

インプット期の今は、正直に言うと、書けなくなった。

たまに、「書いてみようかな」という気持ちになって、書き始めるのだが、完成させることができない。

仕事や遊びで忙しい、というわけではない。

何をしているのかというと、本を読んだり、ドラマや映画を観たりしている。ハイペースで。

「これだけ観たり読んだりしているのだから、書けるだろう」と自分でも思うのだが、

「書きたい」という衝動が湧いてこない。

ひたすら自分の好きなことをしている。

勉強をしているわけでもないから、世間的には、怠けている状態かもしれない。

 

「ただのスランプじゃん」と言われるかもしれない。「『書けない』って記事書いてるんだから、書けてるじゃん」って指摘もなしで(笑)

でも、そのうち、「書きたくてしょうがない!」という気持ちになる時が来ると、信じている

ブログだけではなく、半生を振り返っても、私は時々休まないと、活動できない人間なのかもしれない。

どうせなら、思いっきり遊ぼう。

広告を非表示にする