Grizabella

セレンディピティを求めて

近未来より

近未来モノの小説を書いている。

 

一人ブレインストーミングをしていると、「年代を書くか、ぼかすか」という疑問が浮かんできた。

 

 

2050年くらいがいいかな?

 

……

 

あれ? 私、生きてる!?

 

生きている可能性が高い年齢だった。

 

2050年でも、充分に「未来」なのだが、自分が生きているだろう年代は、SF的なイメージが浮かびにくい。

かといって、2100年だと、「近未来」ではない気がする。今と地続きの「未来」というイメージが想像できない。

 

一昔前のSFだと、「2020年」や「2050年」などを見かける。バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」では、2015年「未来」だ。

 

「2020年」は、今ではもう、「SFに登場する年」ではなく、「東京オリンピックの年」になっている。

 

なのに、「2000年代=未来」の感覚も、同時に持っている。

 

2000年代に生まれた人たちは、どう感じているのだろうか?

2000年に生まれた人も、もう高校生だ。

 

かつて、SFの舞台とされた「未来」に、私はもう、生きているのだ。

 

「未来」はすぐそこに。

広告を非表示にする