Grizabella

セレンディピティを求めて

疲れた

かなりの期間、ブログを放置していたような気がしたのだけれど、これまでの更新ペース見ると、そうでもなかった。

ここ半年から一年くらいの間、いろんなものに手を出したけれど、リアルと地続きであったり、匿名でも交流が多かったりするものはダメで。結局、見られてても見られてなくてもいいくらいの距離感がちょうど良くて、またここに戻ってくる。ただいま。

アカウント整理しなきゃな~。

 

なんだろう。なにかがものすごく辛いというわけではないのだけれど。おそらく人間性に根本的な欠陥があって、それはもう環境を変えたり努力したりしてどうにかなるものではなくて。消えてなくなりたいのだけれど、実行するだけのエネルギーもない。気晴らしになるようなものもなく、ほんの一瞬現実から目を背けるためにお金を使う。

 

ああ、環境がどうとかではなく、自分にはまともな生活はなく、ただ生きるために生きているのだと思い知る。なにもない。疲れた。

なにもしたくない、なにもできないので、死ぬほどの気力もない。死ぬことを実行するレベルで考えられていた時期の方が、おそらく精神的には、まだまともだったのだ。もうなにもない。ある日突然消えていたらいいのにと思う。現実を認識できなくなればいい。

 

とにかくもう、私は私をやめたい。なかったことにしたい。やめたい。消えたい。なくなりたい。

 

狂ってしまえない自分が嫌い。なんだかんだで、結局生き延びてしまう自分が嫌い。

 

致命的な欠陥があって、決して「普通」にはなれないのに、「普通」の人間として生きていくしかなくて、もう詰んでる。

 

死ぬほどのなにかがないというだけで、ただ生きている。生きていたいと思うだけの理由もない。やめたい。人生をやめたい。生きるのから降りたい。