読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Grizabella

セレンディピティを求めて

センチメンタル

日記

久しぶりに、憧れていた人と、過ごした場所の近くに来た。

私の乗っていた電車は、その場所の最寄駅を通り過ぎる。

「もう過ぎたこと」ということだろうか。

 

他の電車が、並んで走っている。

その人が、いつも乗っていた電車だ。

 

もしかしたら乗っているかもと、思わず身を乗り出す。

どうしているのかなんて、まったく知らないけれど。

 

今私が乗っている電車と、彼が乗っているかもしれない電車。

並んで走っていた向こうの電車は、しだいに離れていく。

 

交わることのない人生だった。

広告を非表示にする