読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Grizabella

セレンディピティを求めて

近況報告

お久しぶりです!

ハイペースじゃなくても、コンスタントに更新していこうと思っていたのに……。
 
時間が経てば経つほど、良い記事を書かなきゃ!と考えてしまい、ますます更新できないという悪循環。
それを断ち切るために、とにかく記事を書こうと思った。
 

 海外ドラマにハマる

観た順。今はHuluでアメリカン・ホラー・ストーリーのシーズン2を観てる。
本国と比べて2、3シーズン遅れだったり、ニュアンスが分からなかったりして、英語ができたら良いのにと思う。
 

ハンクラにハマる

ハンドクラフト、つまり手芸なのだけれど、女が手芸やってるっていうと、「女性らしい」と思われるのが嫌で。
「ハンクラ」って言っても通じなさそうな人には「手芸」って言うから、結局同じなんだけどさ。
乙女チックなのが、嫌いというわけではない。むしろ、好き。
「手芸=女らしい」「料理=女らしい(料理もはじめた)」と、勝手にイメージを持たれるのが嫌なだけで。他人には言わないから、結局同じなんだけどさ。まぁ、めんどくさい人間です。
手芸も料理もするし(初心者だけど)、可愛いもの・綺麗なものも好きだけれど、内面的には女らしさとは程遠いな。
 
話が脇にそれたが、タティングレースという特殊なレースにハマっている。
ちなみに、普通のレース編みや、他のジャンルの手芸は、全くできない。家庭科レベル?は底辺。ボタン付けとクロスステッチくらいなら……。
今は、タティングレースオンリーだけれど、興味のあるものにドンドン挑戦していきたい。違うジャンルの作品同士を組み合わせて、オール自作っていうのも楽しそうだ。
 

猫カフェにハマる

猫カフェは以前に人と行ったことある。その時は、「話題のスポットに来た」くらいの気持ちだった。
半年くらい前から、何故か(本当に思い当たる節がない)猫が気になるようになった。
先日、ひとり猫カフェデビューした。
困ったことになった。
行ったばかりなのに、また行きたくてしかたがない。
 
一つ気付いたことがある。私は猫を飼ったことがないから、推測の域を出ないが。
それまでは、猫を飼うのと、猫カフェに行くのは同じようなものだと思っていた。猫を飼えない人や、飼っている猫とは別の猫と遊びたい人が行くのだろうと。
しかし、両者は全く異なるのだ。
まず、猫の数が多い。多頭飼いでも、猫カフェレベル(十数頭)を飼うのは珍しいだろう。
それから、猫を飼うのは、人間社会の話だ。でも、猫カフェは、猫社会なのだ。そこに、人間がお邪魔している。まるで、海外の観光地へ行ったような気分になる。言葉も文化も違う、でも何となくコミュニケーションはとれる、というあの感じ。
猫ももちろん可愛いが、あの非日常が恋しくてたまらないのだ。
広告を非表示にする